恵方巻 方角

ライフスタイル
Pocket

今日2月2日は節分。

えっ、今日が節分なの?
と驚かれた人もいるんじゃないかな。

実は、2月2日が節分になるのは、なんと124年ぶりだとか。

節分とは、暦的に春の訪れを指す立春の前日を言います。
字のごとく「季節を分ける日」なんですね。
その立春が今年は2月3日になったため、節分が2月2日になりました。

では、なぜ、立春が2月3日になったのか?
それは、地球の公転周期が原因。
1年は365日と思っていると思いますが、厳密に言うとおよそ365.2422日。
簡単に言うと365日と6時間弱が1年なんですね。
1年で6時間弱多いとなると4年で1日ずれる、それがうるう年になります。
それに合わせて節分もずれるので今年は2月2日になったというわけ。
過去には、2月4日が節分だったこともあるらしいです。覚えてないけど。。。。

そして、節分に欠かせないのが豆まきと恵方巻。
豆まきは、自分が子供の頃からあった気がするけど、恵方巻ってあったっけ?
なんとなく、商売上手な企業が作った気がしてならないのは私だけ?
なんてことは置いといて、昔は「太巻き寿司」とか「まるかぶり寿司」とか言われていたみたいですね。
それが、某大手コンビニが「恵方巻」と名付けて販売したのがはじまりと言われているようです。

そして、気になる今年の恵方巻はどちらの方角を向いて食べるのか。
それは、南南東です。南南東が恵方みたいですね。

じゃあ、なぜ、この恵方を向いて食べるのか。
それは恵方には、陰陽道において『歳徳神』という神様がいるとされているからです。
歳徳神とは、金運や幸運を司る神様を指します。
恵方は吉方ともされ、その方角を向いて事に望むと吉と出るとも言われています。
だから、恵方を向いて食べよ、ということなんですね。

恵方巻を食べる時には、ルールがあって、
①恵方巻は切らずに食べること
②恵方を向いて食べること
③食べ終わるまでしゃべらないことだそうです。

皆さんも今夜は恵方巻をたべるのかな?
我が家は恵方巻を食べた後は、恒例の豆まき合戦。
あえて合戦と書いたのは、まあ、鬼の面を被ったおやじに日頃のうっぷん晴らしなのか、力一杯豆を投げてくるので、戦いなんです。
「今日こそは、鬼が勝ってやるぞ。」
って我が家には、福がやって来ないんじゃない?

そうなると困るので、これ置いておくってのはどう?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【瀬戸焼】 招き猫彩絵七福神招き猫(8.5号)
価格:13300円(税別、送料別)(2021/2/2時点)

 

楽天で購入

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました